WordPressブログのサーバー移転。初めてのお引越し

WordPressブログのサーバー移転。初めてのお引越し

WordPressのサーバー移転を一度も経験したことがなかったので、新しくレンタルサーバーを借りたついでにブログをお引越しさせることにしました。

とりあえず一度サーバー移転の方法を覚えておけば、急にサーバーを引っ越さなければならなくなったときにスムーズに移行できるかなと思います。

今回はこのブログを、minim(ミニム)からfirebird(ファイアバード)にサーバー移転しました。その際に私が行った方法を紹介していきます。

1.サーバー移転の準備。各種バックアップを取る

    サーバー移転のために必要なデータのバックアップを取りました。まず最初はWordPressのサイトデータのバックアップです。

    バックアップはFTPソフトを使ってバックアップを取りました。使用したFTPソフトは「FileZilla Client」というソフトです。

    アップロードされているファイルを丸ごと全てダウンロード。転送時の失敗はありませんでした。

    WordPressのサーバー移転

    次にphpMyAdminからデータベースをエクスポートしました。引越し前のレンタルサーバーから「phpMyAdmin」にアクセスします。

    レンタルサーバーから設定されている「ユーザー名」「パスワード」でログインしました。

    WordPressのサーバー移転

    ログインしたら、使用しているデータベースをクリックします。

    WordPressのサーバー移転

    上部にあるタブの「エクスポート」をクリックし左側の「SQL」を選択します。

    WordPressのサーバー移転

    構造とデータにチェックが入っているのを確認し、以下の項目にチェックを入れました。

    • DROP TABLE / VIEW / PROCEDURE / FUNCTIONを追加
    • AUTO_INCREMENT 値を追加する
    • テーブル名やフィールド名を逆クォートで囲む
    • 完全な INSERT 文を作成する
    • BLOBに16進数表記を利用する

    下にある項目の「ファイルに保存する」にチェックを入れて「zip形式」を選択。最後に「実行する」ボタンをクリックします。

    WordPressのサーバー移転

    少しがかかりましたが、無事に「(データベース名).sql.zip」というファイルをエクスポートできました。

2.移転先のレンタルサーバーでの準備

    移転先のレンタルサーバーでドメインを設定します。新しくドメインを取得して設定するときは「Whois認証」でドメインを追加していましたが、今回はネームサーバー変更前なので「WEB認証」でドメインを追加しました。

    (下記の画像はfirebird(ファイアバード)の管理画面です)

    WordPressのサーバー移転

    「WEB認証」でダウンロードしたファイルを、FTPソフトなどで移転前のサーバーのルートディレクトリ(index.phpがある場所)にアップロードすると認証が完了してドメインが追加されます。

    次に追加したドメインで「データベースの設定」をして、新しく「MySQL」を追加します。minibird(ミニバード)とfirebird(ファイアバード)で設定する場合は下記のページを参考にしてみてください。

    (基本的にはminibird(ミニバード)もfirebird(ファイアバード)も設定方法はほとんど同じです)

3.wp-config.phpを編集する

    データベースの設定が終わったら、最初にバックアップを取ったWordPressのサイトデータの中から「wp-config.php」をテキストエディタで開いて編集します。

    私は「Crescent Eve」というフリーソフトを使って編集しました。

    テキストエディタで「wp-config.php」を開き、4項目を移転先のサーバー情報に書き換えました。

    WordPressのサーバー移転

    • define(‘DB_NAME’,'○○’); ⇒ ○○に作成したデータベース名を記入します。
    • define(‘DB_USER’,'○○’); ⇒ ○○にデータベースのユーザー名を記入します。
    • define(‘DB_PASSWORD’,'○○’); ⇒ ○○にデータベースのパスワードを記入します。
    • define(‘DB_HOST’,'○○’); ⇒ ○○に移転先サーバーのMySQLホスト名を記入します。

    firebird(ファイアバード)の場合、MySQLホスト名は管理画面の「サーバー情報」より確認できます。

4.サイトデータをアップロード、データベースをインポートする

    FTPソフトを使って、新しいサーバーにサイトデータをアップロードします。最初にダウンロードしたファイルを、丸ごと全て新しいサーバーにアップロード。転送時の失敗はありませんでした。

    WordPressのサーバー移転

    このとき最初にサーバー側で作成される「index.html」が残っていれば削除しておきます。

    次に移転先のサーバーから「phpMyAdmin」にログインします。ログイン後、作成したデータベースをクリックします。

    WordPressのサーバー移転

    上部にある「インポート」のタブをクリックします。「テキストファイルの位置」に最初にエクスポートした「(データベース名).sql.zip」を参照します。

    WordPressのサーバー移転

    最後に「実行する」をクリックすれば、データベースがインポートされます。インポートが成功すると下のように表示されます。

    WordPressのサーバー移転

5.WordPressブログがちゃんと移転できているか確認する

    ネームサーバーを書き換える前に、移転先での動作を確認しおきます。移転先での動作を確認するために「hosts」というファイルを書き換えます。

    「hosts」はパソコン内の下記のフォルダにあります。

    • C:\Windows\System32\drivers\etc (Windows 7 /Vista/XPの場合)

    最後の行に下記を情報を記入して保存します。

    • 移転先サーバーのIPアドレス ドメイン名

    移転先サーバーのIPアドレスとドメイン名の間には半角スペースを入れます。

    WordPressのサーバー移転

    firebird(ファイアバード)の場合、サーバーのIPアドレスは管理画面の「サーバー情報」より確認できます。

サーバー移転の確認時に見つかった落とし穴

    実際に移転先サーバーでサイトを確認してみると、WordPressの管理画面とブログのトップページにはアクセスできました。しかし、投稿した記事のページにアクセスできません。「ページが見つかりません」と表示されてしまいます。

    原因を色々と考えていると、どうも「.htaccess」が怪しいということで、ダウンロードして中身をチェックしてみました。

    するとパーマリンクが反映されていない状態になっていました。

    WordPressの管理画面から「パーマリンク設定」を選び、「変更を保存」をクリック。これで全ての投稿した記事のページが見れるようになりました。

    WordPressのサーバー移転

6.最後にネームサーバーを変更する

    移転先のサーバーでサイトの表示を確認したので、最後にネームサーバーを「旧サーバー」から「新サーバー」に変更します。

    お名前.comでドメインを取得した場合、下記の記事にネームサーバーの変更方法を記載しています。

    ネームサーバーのを変更しても、DNSが浸透するまでに時間がかかります。その間はサイトへの訪問者が旧サーバと新サーバどちらにアクセスするか分からない状況になります。

    とりあえず旧サーバーのデータはそのままにして様子見です。1週間程くらい様子をみてから旧サーバーのデータを削除しようと思います。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る