minibird(ミニバード)でFTPソフト「FileZilla Client」の設定をする

minibird(ミニバード)でFTPソフト「FileZilla Client」の設定をする

WordPressのファイルをアップロードしたりダウンロードすることができるように、FTPソフトの設定をします。

FTPソフトには色々と種類がありますが、私は「FileZilla Client」を使うことにしました。

minibird(ミニバード)で「FileZilla Client」を設定をする手順を紹介します。基本的にfirebird(ファイアバード)でも同じやり方です。

minibird(ミニバード)で「FileZilla Client」を設定をする手順

    サーバー管理ツールにログインして「FTPアカウント設定」をクリックします。

    FileZilla Client設定手順

    FTPアカウントを追加するドメインの右にある「選択」をクリックします。

    FileZilla Client設定手順

    メニューの下にある「編集」のボタンを押します。

    FileZilla Client設定手順

    FTPアカウントのパスワードを決めます。パスワードを入力したら「確認画面」ボタンを押します。

    FileZilla Client設定手順

    確認画面が表示されるので「確定する」ボタンをクリックします。

    FileZilla Client設定手順

    アカウント名とパスワードはFTPソフトの設定で必要になります。忘れないようにメモしておいてください。

    次にFTPソフトの設定をします。「FileZilla Client」というFTPソフトを使って設定しました。「FileZilla Client」は以下のリンクからダウンロードできます。

    上部にある「ファイル」⇒「サイトマネージャー」を選択します。

    FileZilla Client設定手順

    サイトマネージャーから「新しいサイト」のボタンをクリックします。

    FileZilla Client設定手順

    最初にサイトの名前を入力しておきます。

    FileZilla Client設定手順

    次に各項目を記入していきます。

    FileZilla Client設定手順

    • ホスト ⇒ FTPアカウント設定より確認できます。初期設定だとアカウント名と同じです。
    • ホスト ⇒ ログオンの種類 ⇒ 「通常」か「パスワード」を選択します。
    • ユーザー ⇒ FTPのアカウント名を記入します。
    • パスワード ⇒ minibirdで設定したFTPパスワードを記入します。

    ログオンの種類で「パスワード」を選択した場合は、毎回パスワードを入力する必要があります。

    必要項目の記入が終わったら、「接続」ボタンを押します。

    FileZilla Client設定手順

    設定が上手くできていれば、サーバーにアップロードされているファイルが表示されると思います。

    FileZilla Client設定手順

    これで「FileZilla Client」の設定は完了しました。ファイルをアップロードしたりダウンロードすることができるようになります。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る