読み手に優しいブログ記事の構成について考えてみた

読み手に優しいブログ記事の構成について考えてみた

ブログ記事の書き方は、人それぞれで違ったスタイルがあると思います。何も意識しなくても、良い文章を書ける人は書けると思います。

だけど、書いている内容が最終的によくわからなくなってしまう場合は、記事の構成を見直したほうがよいかもしれません。

私にもそういうことが多々あるので、文章を読んでもらうことを想定したブログ記事の構成について考えてみます。

ブログ記事での起承転結について考えてみる

「起承転結」は、小説やシナリオを書くときの他に、論文を書くときなどの作文技法としてよく用いられます。

普段記事を書くときに起承転結について特に意識したことがなかったので、ブログ記事を構成するための「起承転結」について自分なりに考えてみたいと思います。

  • 起 ⇒ これから何を書くのか。疑問の投げかけ。
  • 承 ⇒ 結論を導き出すための過程。自分の体験談など。
  • 転 ⇒ 最終的に伝えたいこと。自分の考え。
  • 結 ⇒ 全体的なまとめ。

意識して文章を書くとすれば、ざっとこんな感じですかね。もちろん私はまだ使いこなせていません。

例えばこれを商品のレビューブログに当てはめてみるとこんな感じになるかと思います。

  • 起 ⇒ どんな商品を紹介するのか。選んだキッカケ。
  • 承 ⇒ どういう風にその商品を使ったのか。
  • 転 ⇒ 実際に商品を使ってみた感想。良かった点。悪かった点。
  • 結 ⇒ お勧めするポイントをまとめる。

レビューブログを作ったことがないので実際どうなのかわかりませんが、ただ延々と商品の良さをアピールするよりも魅力が伝わりやすくなると思います。

起承転結

起の部分

人が知りたいような情報であればいいですが、そうでなければ何か読み手を引きつけるようなインパクトがあったほうが良いのかもしれません。

だけど、内容にそぐわない過剰な書き出しは控えたほうが無難です。読んだ後のガッカリ感がハンパないので私はやらないようにしています。

「最初に結論を書いちゃう」という手もありますが、その場合は後に続く文章に意味(続きを読む理由)がなければいけません。伝えたいことを何度も繰り返して書いてしまうと、結局は何も伝わらないということは経験から学びました。

承の部分

記事の分量として、最も長くなる部分だと思います。読んでいて飽きさせないような文章を心がけたいですが、意識して書こうとするとなかなか難しいものです。

この部分に自分の体験談があると親しみやすさが出て、たとえ長文になっても読みやすい文章に変わります。仮説だけで文章を組み立てるときは、自分に置き換えて(私だったら~風に)表現するとわかりやすくなるかもです。

転の部分

伝えたいことを表現します。書き出しが上手く進まないときは、この部分から先に書いてあげるとテーマがぶれずに考えがまとまりやすくなります。

承の部分の説得力が大きければ大きいほどと、転の部分で訴えることが伝わりやすくなります。ここで伝えたいことをハッキリ述べてもいいですし、「結の部分」のためにあえてぼやかしてもいいかもしれません。

結の部分

全体を通して伝えたいことを、わかりやすく簡潔にまとめます。最後にきちんとまとめることで「結局は何が言いたかったんだろう」という曖昧な印象を取り払うことができます。

記事全体を読んでもらいたいという気持ちもありますが、結の部分だけ見ても内容がわかるように書くのが、読み手にとって優しいブログじゃないかなと私は感じます。

見出しの効果的な使いかたを考えてみる

記事を書くときには、適度に見出しを使ってあげるとグッと読みやすくなります。特に「起承転結」の「承」の部分は文章が長くなってしまいがちなので、見出しを効果的に使って内容を小出しにするのも一つの方法です。

私が感じたのは、1つの見出し(段落)の中に訴えたいことが複数あると、どれも中途半端で伝わらないということです。

「1つの見出しの中で、伝えたいことは絞る」そうすることで、話が横にそれることなく文章の無駄な部分が減らせるかなと思います。

見出しには見た目も重視したいので、当ブログの見出し(hタグ)には、サンプルを紹介しているサイトを参考にさせていただきました。

CSSで作成する見出し(hタグ)の記述例がわかりやすく紹介されています。

ブログ記事の構成についてまとめます

ブログ記事の構成について、考えた事をまとめるとこのようになります。

  • 起承転結を考えてブログを書くのも一つの手段。
  • 伝えたいことは、しつこく何度も繰り返さない。
  • 体験談を交えると文章が親しみやすくなる。
  • 書き出しが上手くいかないときは、「転の部分」から書いてみる。
  • まとめるときは、わかりやすく簡潔にまとめる。
  • 適度に見出しを使うと文章が読みやすくなる。
  • 一つの見出しに伝えたいことを詰め込みすぎない。

あくまでも人に読んでもらう(思いや考えを伝える)ためのブログ記事の話です。普通に楽しんでブログを書く場合は、個性を出すためにも変に意識しないほうがいいかもしれません。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る