ブログで記事を書くときの適切な文字数はどれくらい?

ブログで記事を書くときの適切な文字数はどれくらい?

ブログの文字数は多いほうがいいの?少ないと駄目なの?って話をよく聞きます。実際にブログを書くときの、1ページあたりの文字数はどれくらいがよいのでしょうか。

私にはSEOとか難しいことはわからないので、あくまでも読みやすい文章・読んでもらえる文章という目線でのお話です。

過去に運営したWEBサイトの失敗経験を踏まえつつ、適切な文字数について考えてみたいと思います。

少ない文字数で構成されている記事についての話

少ない文字数の基準は人それぞれで違うと思いますが、私の場合は1000文字以下だったら少ないかなと感じます。

仕事でそれほど興味がない記事を書くとき、どうしても文字数が少なくなってしまうことがあります。いとも簡単に煮詰まってしまい、それ以上は思うように書けなくなるのです。

それでも「文字数が少ないの、よくない!」という勝手な先入観があったので、文字数が500文字以下にはならないように頑張りました。無理やり意味のない文章を付け加えて増やしていました。

そうやっていくつものページを量産しましたが、それらの記事を読み返してみて思ったことが3つあります。

  • 無理に文字数を増やそうとすると、内容が伝わりにくくなる。
  • 無理に文字数を増やそうとすると、文章にメリハリがなくなる。
  • 無理に文字数を増やしたところで、つまらないものはつまらない。

たとえ文字数が少なくても、面白い記事は面白いです。役に立つ記事は役に立ちます。文字数が少ないから悪いということではありません。

文字数が少なくても、それが良い文章だと思えたのであれば、きっとその文字数が適切なのだと思います。

大量の文字数で構成されている記事についての話

私はだいたい、2000文字超えたら多いかなと感じます。自分で考えたことや、興味のあることを書くときは文章量が多くなる傾向があります。

私は文字数が多ければ多いほどよいと信じていたので、書けるときは何も考えずに文章量を増やしていました。「ライティングハイきたこれ!」なんて思ってました。

そうやって文字数が多いページも量産しましたが、私が書いた長文の記事を見て思ったことが3つあります。

  • パッと見て、読むのが大変そう。読んでいて疲れそう。
  • 自分の文章に酔っている感が出てる。無駄な表現が多い。
  • いくら文字数が多くても、つまらないものはつまらない。

まず見た目の問題ですが、長文は見出しや画像を効果的に使っていないと読みづらい印象を受けました。文章の魅せ方が相当上手じゃないと厳しいのかなと感じます。

次に、自分の文章に酔っちゃってダラダラと文章が長くなるパターン。変に難しい言葉を使いたくなったり、かっこいい言い回しを使ってみたり。私のことです。

たとえ文字数が5000字を超えていても、読みやすいサイトというのは気づいたらすでに読み終わってます。特に文字数が多いとは感じません。きっとその文字数が適切なのだと思います。

ブログの文字数についてまとめます

ブログの文字数について私が考えたことをまとめるとこんな感じです。

  • 文字数は多くても少なくても正直どちらでもいい。
  • 無理に文字数を増やしても、あまり良いことはない。
  • 文字数が増えたら、無駄な表現を削ってわかりやすくする。
  • 読みやすいと思ってもらえる文章の構成を考える。
  • 大切なことは「ちゃんと伝えたいことが伝わる文章なのか」ということ。
  • 魅力的な文章であれば、その文字数が適切な文字数になる。

というわけで、私は文字数に縛られないブログを目指したいと思います。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る