minibird(ミニバード)でWordPressをインストールする

minibird(ミニバード)でWordPressをインストールする

minibird(ミニバード)で独自ドメインを設定したので、次はいよいよWordPressをインストールます。

minibird(ミニバード)には、WordPressをインストールするためのツールが備えられているので、比較的簡単にWordPressを導入することができました。

minibird(ミニバード)のレンタルサーバーでWordPressをインストールする際に、私が行った手順を紹介しますのでよろしければ参考にしてみてください。

minibird(ミニバード)でのWordPressインストール方法

    初めにminibirdのトップページから「ログイン」をクリックしてサーバー管理ツールにログインします。

    WordPressをインストールするためのMySQLデータベースが必要なので、サーバー管理ツールから「データベースの設定」をクリックします。

    minibird(ミニバード)

    「MySQL追加」のタブをクリックして、データベース名を入力します。データベース名は任意の文字列で構いません。

    文字コードに「UTF-8」(画像ではEUC-JPとなってますがUTF-8に変更してください)を選択して、「確認画面」ボタンをクリックします。

    minibird(ミニバード)

    確認画面が表示されるので、間違いがないか確認して「確定する」ボタンを押します。

    次に「MySQLユーザー設定」のタブをクリックして、「MySQLユーザ名」と「データベースパスワード」を入力します。文字列は任意の英数字で決めてください。

    ※パスワードは半角アルファベット1文字以上を含む半角英数字で入力してください。

    入力が終わったら「確認画面」をクリックして、確認画面で「確定する」ボタンを押します。

    minibird(ミニバード)

    最後に「MySQL一覧」のタブをクリックして、「権限追加」のボタンをクリックします。

    minibird(ミニバード)

    これでMySQLデータベースの設定は終わりです。データベースパスワードを覚えておいてください。次にWordPressをインストールします。

    サーバー管理ツールから「簡単インストール」をクリックします。

    minibird(ミニバード)

    WordPressをインストールするドメインの「選択」をクリックします。

    minibird(ミニバード)

    「追加インストール」のタブをクリックして、WordPressの「インストール設定」をクリックします。

    minibird(ミニバード)

    「作成済みのデータベースを利用する」にチェックを入れます。

    先ほど設定した「データベース用パスワード」を入力します。

    minibird(ミニバード)

    次にブログ情報を入力していきます。「インストール先」は、何も入力しなければトップページがそのままドメインと同じになります。

    ※http://sample.com 入力しない場合

    ※http://sample.com/wp wpと入力した場合

    「ブログ名」はブログのタイトルです。後からも変更できます。

    「ユーザー名」と「パスワード」は、WordPressにログインするためのものです。

    「メールアドレス」も含めてすべての項目に入力したら、「確認画面」のボタンをクリックします。

    minibird(ミニバード)

    確認画面が表示されたら、内容を確認して「確定する」のボタンをクリックします。これでWordPressのインストールは完了です。

    ですが、このままではサイトアドレス(ドメイン)をURLに指定してもWordPressブログが表示されない可能性があります。WordPressのトップページはindex.phpですが、ルートフォルダにindex.htmlが存在する場合、index.htmlを削除する必要があります。

    FTPアカウントを設定していない場合は、サーバー管理ツールから「FTPアカウント設定」をクリックします。

    minibird(ミニバード)

    FTPアカウント一覧が表示されたら、WordPressをインストールドメインの「編集」ボタンをクリックします。

    minibird(ミニバード)

    FTPアカウントの「パスワード」に任意の文字列を入力し「確認画面」をクリックし「確定する」ボタンを押します。

    FTPアカウント一覧から「ログイン」して「index.html」を削除します。

    これで無事にWordPressブログが表示されました。

    minibird(ミニバード)

    そのままの状態でWordPressブログを運営してもいいですが、やはり味気ないので次は自分好みのテンプレートを探してWordPressをさらに魅力的にしましょう。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (2)
  1. すごく参考になりました。おかけでミニバードでアップする事ができました。
    有難うございます。

      • わわぽん
      • 2013年 2月 07日

      お役に立てて嬉しいです。コメントありがとうございます!

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る