WordPressのPing送信プラグイン「cbnet Ping Optimizer」

WordPressのPing送信プラグイン「cbnet Ping Optimizer」

「cbnet Ping Optimizer」は、WordPressのPing送信機能を、新しく記事を投稿した時のみ送信してくれるようにできるプラグインです。

「Smart Update Pinger」という同じようなプラグインもありますが、現在では開発が中止されているらしく最新バージョンのWordPressに対応しているのか不安だったのでこのプラグインにしました。

インストールは簡単で、プラグインから「cbnet Ping Optimizer」を検索すればプラグインを発見できます。

cbnet Ping Optimizerについて

WordPressに標準装備されているデフォルトのPing送信機能だと、記事を更新しただけでもPingが送信されてしまいます。

私はすぐに「あーでもない、こーでもない」と記事を書き換えることがあるので、その度にPingが送信されてスパム扱いされるのは困ります。

「cbnet Ping Optimizer」を導入しておけば、新しく記事を投稿した時のみPingを送信してくれるので安心です。

また、pingの送信を無効にする設定もできるので、WordPressブログを開設したばかりでpingを送信したくない場合にも非常に便利です。

記事の予約投稿に関しても、記事の投稿時間にping送信をしてくれます。

※複数の予約投稿については未確認です。

cbnet Ping Optimizerの導入手順

    まずは「プラグイン」→「新規追加」をクリックします。

    検索窓に「cbnet Ping Optimizer」を入力して、プラグインの検索ボタンをクリックします。

    cbnet Ping Optimizer手順

    検索結果一覧に「cbnet Ping Optimizer」が表示されているので「いますぐインストール」をクリックします。

    cbnet Ping Optimizer手順

    インストールが完了したら「プラグインを有効化」します。

    cbnet Ping Optimizer手順

    有効化すると「設定」のところに「cbnet Ping Optimizer」が追加されます。

    cbnet Ping Optimizer手順

cbnet Ping Optimizerの設定

    初めはWordPressデフォルトのPing送信先しか登録されていないので、新しく追加したいPing送信先を記入していきます。

    cbnet Ping Optimizer手順

    記入し終わったら「Save Settings」のボタンをクリックして設定を保存します。

      Enable pinging

      Pingを送信したい場合にはチェックを入れて、Pingを送信したくない場合はチェックを外します。

      Limit excessive pinging in short time

      チェックを入れると、短時間内での過剰なPingの送信を制限します。

      Ping Now

      ボタンを押せば好きな時にPingを送信することができます。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る