サイトマップ(sitemap.xml)自動作成プラグイン「Google XML Sitemaps」

サイトマップ(sitemap.xml)自動作成プラグイン「Google XML Sitemaps」

「Google XML Sitemaps」は、サイトマップ(sitemap.xml)を自動で作成してくれるプラグインです。

このサイトマップ(sitemap.xml)を作成することにより、GoogleやBingのウェブマスターツールでサイトマップを送信して、検索エンジンにインデックスを促すことができます。

最初に一度だけ設定しておけば、後は自動でsitemap.xmlを生成してくれるので、非常に便利なプラグインです。

Google XML Sitemapsの導入手順

    「プラグイン」→「新規追加」を選択後、「アップロード」をクリックします。

    Google XML Sitemaps手順

    ダウンロードしたZIPファイルを参照して「いますぐインストール」ボタンをクリックします。

    Google XML Sitemaps手順

    インストールが完了したら「プラグインを有効化」します。

    有効化すると「設定」のところに「XML-Sitemaps」が追加されます。

    Google XML Sitemaps手順

Google XML Sitemapsの設定

    初めに「sitemap.xml」と「sitemap.xml.gz」の2つのファイルを用意します。

    メモ帳などで空のファイルを保存して、ファイル名を上記の2つの変更すればOKです。

    Google XML Sitemaps手順

    作成した「sitemap.xml」と「sitemap.xml.gz」のファイルをWordPressをインストールしているフォルダにアップロードします。

    アップロード後、2つのファイルのパーミッションを「666」に変更します。

    ※FFFTPを使っている場合、右クリックで「属性変更」を選択するとパーミッションを変更できます。

    Google XML Sitemaps手順

    XML-Sitemapの設定画面で「こちらをクリック」をクリックするとサイトマップが自動で生成されます。

    Google XML Sitemaps手順

    「Bing への通知中に問題が発生しました」と表示されますが、問題なく送信されているようなので特に気にしなくても大丈夫だと思います。

    Google XML Sitemaps手順

    http://自分のサイトアドレス/sitemap.xmlで生成したサイトマップを確認できます。

    Google XML Sitemaps手順

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る