WordPressの表示速度を速くするプラグイン「WP Super Cache」

WordPressの表示速度を速くするプラグイン「WP Super Cache」

「WP Super Cache」を導入すると、一度表示したページのキャッシュを作成してくれます。

2回目以降はそのキャッシュしたページを表示することで、ページの表示速度が速くなるというプラグインです。

実際に使ってみましたが、ページがキャッシュされていると表示が格段に速くなります。表示速度が遅くて困っている方は是非お試しください。

WP Super Cacheの導入手順

    「プラグイン」→「新規追加」を選択後、「アップロード」をクリックします。

    WP Super Cache手順

    ダウンロードしたZIPファイルを参照して「いますぐインストール」ボタンをクリックします。

    WP Super Cache手順

    インストールが完了したら「プラグインを有効化」します。

    有効化すると「設定」のところに「WP Super Cache」が追加されます。

    WP Super Cache手順

WP Super Cacheの設定

    「WP Super Cache は停止中です。プラグイン管理ページを開いてキャッシングを有効にしてください」と表示されるので、「プラグイン管理ページ」を開きます。

    WP Super Cache手順

    「WP_CACHE 定数が false に設定されています」と表示されるので、下に書かれている通りconfig.phpを変更します。

    WP Super Cache手順

    WP Super Cache手順

    ※使っているサーバーの設定によっては自動で設定されるのでconfig.phpを変更する必要はありません。

    まずは、「簡易」のタブで「キャッシング利用」にチェックを入れて「ステータスを更新」ボタンをクリックします。

    WP Super Cache手順

    次に「詳細」のタブをクリックして、自分はサイト環境に合わせて設定してきます。

    うちの環境では「キャッシュファイルの提供に mod_rewrite を利用する」が上手くできなかったので「キャッシュファイルの提供に PHP を利用する」にチェックをいれました。

    基本的には「(推奨)」と書かれているところにチェックをいれれば大丈夫だと思います。

    WP Super Cache手順

    設定が終わったら「ステータスを更新」をクリックします。

    これでキャッシュされたページの表示速度がずいぶん速くなりました。

    「簡易」のタブで「キャッシュをテスト」してみたところ、「両方のページのタイムスタンプがマッチしました !」と表示されたので、おそらくは問題なく動いているはずです。

    WP Super Cache手順

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る