管理画面への不正ログインを防止する「Simple Login Lockdown」

管理画面への不正ログインを防止する「Simple Login Lockdown」

WordPressの管理画面への不正ログインを防止するプラグイン「Simple Login Lockdown」を導入してみました。これで安全というわけではありませんが、ないよりあったほうがいいということで。

このプラグインは同一IPアドレスからの連続アクセス(ログインを試みる)を防いでくれます。回数の指定やロックされる時間も設定で変更することができます。

Simple Login Lockdownの導入手順

    管理画面の「プラグイン」⇒「新規追加」をクリックして「Simple Login Lockdown」を検索します。

    Simple Login Lockdown手順

    「Simple Login Lockdown」が見つかると思うので、「今すぐインストール」をクリックして「有効化」します。

    Simple Login Lockdown手順

Simple Login Lockdownの設定手順

    Simple Login Lockdownの設定は、「プラグイン」⇒「インストール済みプラグイン」からSimple Login Lockdownの「settings」をクリックすると設定を変えることができます。

    Simple Login Lockdown手順

    管理画面から「設定」⇒「表示設定」をクリックしてもいいです。

    設定画面から「ログイン回数の指定」と「ロックされる時間」を決めます。設定を変更したら「変更を保存」ボタンをクリックします。

    Simple Login Lockdown手順

    • Login Attempt Limit ⇒ この回数ログインに失敗すると、ログインがロックされます。
    • Login Lockdown Time ⇒ ログインがロックされる時間です。

    試しに指定した回数ログインに失敗してみました。すると以下のように表示されてログインできなくなりました。

    Simple Login Lockdown手順

    「Too many login attemps from one IP address! Please take a break and try again later」

    「一つのIPアドレスで何回もログインを試みようとしないでください。休憩をとって、後で再び試みてください」という風な意味です。

    「Login Lockdown Time」で指定した時間が過ぎれば、またログインできるようになりました。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る